Bクラス(W245前期)トランスミッション修理


Bクラス(H18年、W245前期)、
メーター内に「トランスミッションコショウデテンケン」の
メッセージが表示され、シフトチェンジに不具合があり入庫となりました。
このW245前期のミッショントラブルは、トランスミッション構成部品である
エレクトリックプレートの不具合が原因の場合が多いです。
通常はトランスミッションの交換が必要となりますが、
弊社ではエレクトリックプレート単体の修理が可能です。
費用は税込み15万円前後になります。
同様のトラブルでお悩みの方はぜひ弊社にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA