MINI クラブマン オイル下がり修理


MINI クラブマン H21年、アイドリング時に白煙の症状があり、入庫となりました。
N12BエンジンもN18Aと同様にバルブステムシールの劣化により、白煙の症状が発生するケースがあります。
こちらも弊社にてバルブステムシールを全て対策品に交換し、無事に症状が無くなりました。
費用は部品および工賃で6-7万円前後です。
エンジン始動時に白煙が出る、しばらく走ると消えるのがオイル下がりの特徴です。
同様の症状でお悩みの方はぜひ弊社にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA